認知症に関して

認知症はいつ誰が発症するかわかりませんが、もしも認知症になってしまった場合、認知症になった本人やその家族が安心して暮らしていけるよう、浜松市では様々な取り組みが行われています。

 
【認知症サポーターの養成】
認知症サポーターは、認知症を理解し、認知症の方やその家族に対して自分のできる範囲でのサポートを行うことで、認知症の方たちが安心して暮らせるまちづくりを目指します。
認知症サポーターの養成講座は個人で受講するのはもちろん、団体で講座を受けたり、地域などで講座を開催することも可能です。
講座は無料で受講することができ、受講した人はサポーターの証として、「オレンジリング」を受け取ることができます。

認知症サポーター養成講座

 
【はままつオレンジガイドブック(認知症ケアパス)】
認知症は、病気の進行状況により症状が変化していき、また、どのような支援が必要なのかも症状によって変わります。
浜松市では、そうした認知症の程度や症状に応じてどのような対応が必要か、またはどのようなサービスが利用できるかなどをまとめた「はままつオレンジガイドブック(認知症ケアパス)」が作成されています。
浜松市役所高齢者福祉課や各区役所長寿保険課、高齢者相談センターで配布されており、家族が認知症になってしまった場合はもちろん、身近に認知症の人がいない場合でも、認知症に対してどのように関わっていけばいいか、知るきっかけとなります。

はままつオレンジガイドブック(認知症ケアパス)

 
【徘徊高齢者早期発見事業】
認知症の高齢者などが徘徊し、そのまま行方不明になってしまうことも多くあります。
浜松市では、そうした徘徊による事件や事故を未然に防止するため、徘徊のおそれのある高齢者などの把握や、行方不明になった場合の早期発見・早期保護するための体制を整えています。
徘徊のおそれのある高齢者などに関して、家族などが高齢者相談センター(地域包括支援センター)へ届出を行い、登録することで、地域が事前に把握することができます。
また、登録をすると、履物などに添付できる登録番号つきの「オレンジシール」が交付されます。
もしも、行方不明になってしまった場合は、早期に発見し、保護できるよう、あらかじめ「オレンジメール」の受信登録をしている見守り協力隊に対し、対象者の情報をメールで一斉配信し、情報提供を求めます。

徘徊高齢者早期発見事業