後期高齢者医療制度

75歳以上の人や、一定の障がいがある65歳以上の人は、それまでの国民健康保険や健康保険組合などの被用者保険の資格はなくなり、後期高齢者医療保険制度に加入することとなります。

75歳の誕生日当日から、または、一定の障がいがある場合65歳以上75歳未満の人は、申請して認定されたときから、後期高齢者医療制度の対象(被保険者)となります。
被保険者となった場合、病院などでの窓口負担は、現役並みの所得がある人は3割、一般や低所得者は1割など、収入によって受けられる給付額が異なります。
また、後期高齢者健康診査を受けることも可能です。

後期高齢者医療制度について