浜松市立の看護師養成機関

浜松市には多くの看護師を養成する機関がありますが、その中で唯一浜松市が設置・経営を行っているのが浜松市立看護専門学校です。
浜松市立看護専門学校は、1974年に看護師養成所として開設されました。それ以来、多くの卒業生を輩出し、浜松市の医療を支えています。
看護師になるために必要な看護師国家試験の合格率はほぼ100%と高い水準を維持しています。また、卒業後の就職率は100%で、そのうちおよそ90%が浜松市内の医療施設へと就職し、活躍しています。