障がいがある子どもへの医療費助成

18歳未満の障がいがある子どもに対し、手術などにより治療効果が期待できると認められた場合、自立支援医療(育成医療)を利用することができます。

指定委託医療機関での治療や薬局での保険調剤、訪問看護などの保険診療のみが対象で、窓口負担は1割となり、所得に応じて1か月あたりの自己負担限度額が決められています。
また、乳幼児医療費助成や小・中学生医療費助成の対象となる分に関しては償還払いにより払い戻しが受けられます。

自立支援医療(育成医療)
乳幼児医療費助成
小・中学生医療費助成