ひとり親家庭への医療費助成制度

20歳を迎える前日の属する月までの間にある児童がいるひとり親家庭などで、所得税がかかっていない世帯の場合、母子家庭等医療費助成制度を利用することができます。

対象世帯であるひとり親家庭の親や子が医療機関を受診する時に、受給者証を提示することで、医療費の一部が後日振り込まれます。
ただし、保険診療適用外の治療や食事療養費などには適用されません。
また、県外の医療機関を受診した場合も、後日申請することで助成を受けることが可能です。

母子家庭等医療費助成制度