夜間救急室

病院が閉まっている夜間、病気やケガをして心配だけれども、救急車を呼ぶほどではない場合、浜松市夜間救急室を利用することができます。

診療科目と時間は、内科が毎日20時~翌朝7時まで、小児科・外科が毎日20時~深夜0時までの夜間救急に加え、年末年始と祝日を除く土曜日14時~18時まで内科・外科の診療を受けることも可能です。
また、診察によって専門医の受診が必要とされた場合、産婦人科は毎日20時~翌朝7時まで、眼科・耳鼻科は毎日20時~深夜0時まで待機医がおり、待機医への紹介もしくは待機医の来室によって診察を受けることができます。

診療はあくまで応急の初期診療となるので、翌日にかかりつけ医や当番医などを受診する必要があります。
また、夜間救急室を受診しようか悩む場合は、電話相談を利用することも可能です。

夜間救急室が入る建物はユニバーサルデザインに配慮されており、駐車場も完備しているので、移動が大変な場合も安心して利用することができます。
また、広々とした待合室や個室の診察室はもちろん、インフルエンザなどの感染症に対し、熱のある患者をすばやく見分ける熱センサーや、感染症患者専用の診察室も用意されています。

夜間救急室-浜松市