かかりつけ医(診療所)と病院の連携

かかりつけ医とは、日常的な診療や健康管理などをしてくれる身近なお医者さんのことです。
大きな病院と比べ比較的待ち時間も短く、じっくりと診察してもらうことが可能です。

それに対し、病院とは入院や精密検査などが必要な病気の受け入れ先のことで、さらに高度な医療が必要な場合は大病院での受診が必要となります。
また、かかりつけ医からの紹介状なしに200床以上の病院を受診する場合、特定療養費として初診料相当額が自費でかかってしまいます。

まずはかかりつけ医を受診し、入院や精密検査が必要な場合は病院へ、さらに高度な医療が必要な場合は大病院へと紹介をしてもらうことで、その人の状態に合った治療を受けることができます。

病院に行く前に-浜松市医師会