医療に恵まれた環境

古くから医療の根ざす町、浜松

浜松の医学のルーツは1874年に当時の浜松県立浜松病院に開設された浜松医学校にあります。1878年には浜松医学校の医学者たちによって国内初の翻訳医学書である『七科約説(しちかやくせつ)』が出版されました。しかし、1876年に静岡県に合併され、予算不足により医学教育は静岡病院に集約されることになったため、1880年に廃校となっています。

そうした古くからの医学の歴史がある浜松には、多くの医療機関が立ち並び、充実した医療を受けることができます。また、医療従事者を育成する教育機関も多数存在し、浜松の医療を支える人材を輩出しています。

健康が一番ですが、もしもの場合にも安心して任せられる、浜松市にはそんな医療体制の整っています。