遠州鉄道

市内中区の新浜松駅から天竜区の西鹿島駅までを結ぶ鉄道路線で、全18駅が浜松市内にあります。
赤い電車が走ることから「赤電(あかでん)」とも呼ばれています。

日中は12分間隔で運行されており、新浜松駅と西鹿島駅を始発・終着駅として各駅停車となっています。
平日朝夕と土曜日朝のラッシュ時には4両編成で運行されますが、その他は2両編成で運行されています。
また、新浜松駅からJR東海道新幹線・JR東海道本線の浜松駅へ、西鹿島駅から天竜浜名湖鉄道の西鹿島駅へ接続されています。

浜松市の主要路線であり、沿線を中心に市街地が広がっています。

遠鉄電車