天竜浜名湖鉄道

 
掛川駅(静岡県掛川市)から新所原駅(静岡県湖西市)までを結ぶ鉄道路線で、天浜線(てんはません)と呼ばれています。

浜松市内は天竜区の天竜二俣駅から浜北区を通り、北区の尾奈駅までの19駅があります。
日中は1時間に1本以上の運行となっており、全線通して運行される列車のほかに、天竜二俣駅発着の列車や区間運転列車があります。
列車はすべて各駅停車となり、西鹿島駅では遠州鉄道と接続しています。

鉄道の施設や建造物36件が国の登録有形文化財に登録されており、その多くが浜松市内にあります。
特に天竜二俣駅には転車台や全校的にも珍しい木造の扇形車庫などがあり、転車台と併設の鉄道歴史館の見学ツアーが毎日行われています。
また、車両を貸しきることも可能で、各種イベントにも利用できます。

 

〈外部リンク〉
天浜線(天竜浜名湖鉄道)