浜松市の気候と環境

浜松市は全国トップクラスの日照時間で、冬場の平均気温も6度以上と気候は比較的温暖なのが特徴です。しかし冬から春にかけて「遠州のからっ風」と呼ばれる季節風が吹き降ろし、気温以上に寒く感じられることが多くあります。

全国トップクラスの日照時間

浜松市の日照時間は、2013年の統計で年間2,460時間以上となっており、全国トップクラスです。 そのため太陽光発電の導入件数が多く、2015年10月現在、10kW以上の導入件数...

詳しくはこちら

遠州のからっ風

気候は比較的温暖で冬場の平均気温も6度以上となっており、暖かい日には1月でも最高気温が14度以上になることもあります。 しかし、冬から春にかけて吹く北西の季節風が山を越える時、気...

詳しくはこちら

北遠地域

浜松市の北端に位置する北遠地域は、天竜区の春野地域、佐久間地域、水窪地域、龍山地域を指しています。 大部分が南アルプスの赤石山系に属しており、天竜川や水窪川、気田川など多くの支流...

詳しくはこちら

浜松地域の自然環境

浜松市は北部に赤石山系の山々がそびえ、南部は平野が広がり、そして、山から湧き出た水は川となって市内を通り、湖や遠州灘へと流れていきます。 いろいろな自然に囲まれた浜松市では、自然...

詳しくはこちら

災害に対する備え

浜松市は北に山々が、南に海があり、市内を多くの川が流れています。 そのため、地震や台風などによる津波・浸水・土砂崩れなどの災害が想定されます。 近年では、2013年に天竜区...

詳しくはこちら