静岡大学(浜松キャンパス)

静岡大学(浜松キャンパス)は、1914年に設置された静岡県浜松師範学校(後の静岡第二師範学校)と1922年に設立された浜松高等工業学校(後の浜松工業専門学校)が前身となっています。
その後、1949年に静岡高等学校、静岡第一師範学校、静岡青年師範学校と共に統合され、静岡大学となりました。

中区城北にキャンパスを構え、運動場や附属図書館浜松分館などの他に、世界初の電子テレビを発明した高柳健次郎の業績を展示紹介している高柳記念未来技術創造館もあります。

静岡大学(浜松キャンパス)に設置されている工学部と情報学部の就職率は、2015年度卒業生の実績で98.3%となっていますが、工学部では半数以上が、情報学部では4分の1程度が大学院などへ進学しています。
また、大学院の2015年度の就職率は、総合科学技術研究科(2015年度に情報学・理学・工学・農学研究科が統合)で97.8%(統合以前の各科の平均値)、創造科学技術大学院(自然科学系教育部)で100%となっています。

その他に、大学の附属学校として、浜松市内には静岡大学教育学部附属浜松小学校と、静岡大学教育学部附属浜松中学校があります。

 

【学部・学科】
○工学部
機械工学科、電気電子工学科、電子物質科学化、化学バイオ工学科、理数システム工学科
○情報学部
情報科学科、情報社会学科、行動情報学科

【大学院】
○修士課程
総合科学技術研究科
○博士課程
創造科学技術大学院(自然科学系教育部)

【入学料・授業料】
(2016年度現在)
入学料:282,000円
授業料:年額535,800円
※その他、諸経費が必要となります。

【奨学金など】
○授業料免除
静岡大学では、経済的な理由によって授業料の納付が困難であり、学業成績が優秀な学生や、保護者などの死亡や災害などによって、授業料の納付が著しく困難な学生に対し、授業料を免除しています。
授業料免除の申請、選考の後、授業料の全額または半額が免除されることがあります。

○入学料免除
静岡大学では、保護者などの死亡や災害などによって、入学料の納付が著しく困難な学生に対し、入学料の免除を行っています。
入学料免除の申請、選考の後、入学料の全額または半額が免除されることがあります。

○未来創成基金奨学金
静岡大学では、授業料免除の申請を行った学生のうち、半額免除だった学生に対し、半期授業料の半額相当額の給付を行っており、選考の後、給付の可否が決定します。

静岡大学
創造科学技術大学院