市立小中一貫校

2016年4月現在、浜松市内には2校の市立小中一貫校があり、小中一貫教育の実践や成果を他の中学校区へと広げていくため、モデル校として実施されています。

小中一貫校では、小学校の6年教育、中学校の3年教育という枠組みではなく、初等部4年間、中等部3年間、高等部2年間という指導体制で学びます。
初等部では学級担任制だったのが、中等部になると一部教科担任制に、高等部では教科担任制へと変わるなど、段階的を踏むことによりつまずきを少なくし、子どもたちが変化に対応しやすくなります。
また、小学校と中学校の先生が互いに協力し合うことで、一貫した教育指導が実現でき、卒業時の目指す姿に向かって進むことができます。

入学する小学校は、原則として住民登録されている住所によって決まりますが、小中一貫校へ通いたい場合は学区外就学が認められています。
希望する小学校もしくは在籍する小学校、または教育総務課へ必要書類を提出することで中学校卒業までの就学が許可されますが、児童生徒数が規定より多くなってしまう場合は申請できません。

小中一貫校教育
学区外就学許可基準