放課後児童会(学童保育)

両親が共に仕事を持つ場合、就学前までは保育園などで仕事が始まってから終わるまで預かってもらえましたが、小学校へ入学すると授業終了後や夏休みなど、家に帰っても子どもだけとなってしまいます。そうした子どもたちのために、浜松市では公設の学童保育が開かれており、放課後児童会という名称で呼ばれています。小学1年生から6年生までの児童を対象に、小学校の空き教室や協働センターなどで授業終了後から18時まで預かってくれます。利用したい場合、中区・東区・西区・南区・北区(旧細江町・引佐町・三ヶ日町を除く)では各児童会へ直接申し込み、浜北区・天竜区・北区の一部(旧細江町・引佐町・三ヶ日町)では各区役所社会福祉課へ申し込む必要があります。

2016年5月現在、放課後児童会の待機児童数は浜松市内で377人おり、特に中区に多くいます。基本的に通学している学校区の放課後児童会へ入るため、定員割れのところもある一方、定員以上の希望者がいるところもあり、待機児童に関しては各児童会に確認する必要があります。もし、希望する放課後児童会に入れない場合、民間の運営する学童保育もあるので、そちらを検討するのもいいかもしれません。

放課後児童会一覧

民間放課後児童クラブ
類似放課後児童クラブ
その他の民間学童保育