家事・育児支援を積極的に利用する(家事支援・育児支援サービス)

子どもを妊娠・出産し、育てながらの生活は、子どもがいないときとは違い、思い通りにいかないことが多く出てきます。
妊娠中はつわりを始めとする体調不良に悩まされ、産後も思うように体力が回復しないこともあります。
また、子育てをしながらの生活をしていると、仕事や病気などによって、自分だけではどうしようもできないこと、誰かに助けて欲しいことが多々あります。

現在は核家族化が進み、親と同居して子育てをサポートしてもらうということも少なくなってきました。
また、転勤などで地元ではない場所での生活をしている人にとっては、親にちょっと来てもらって手伝いをお願いするということも簡単ではありません。

自分たちだけでがんばろうとせず、家事支援や育児支援を積極的に利用することで負担が減り、もっと楽しく育児ができるようになるのではないでしょうか。