障がいのある子どものための学校・学級

障がいがある子どもが学ぶことができる場として、通常の学級、発達支援学級、特別支援学校などがあり、子どもの状況や保護者の意向などによって選択することができます。
通常の学級で学んでいるけれど、ことばの遅れや学習障害がある子ども、落ち着いて学習することが苦手な子どもなどに対しては通級指導教室を開いており、子どもの状態に応じた指導を受けることができます。
発達支援学級は一部の小・中学校に開設されており、弱視・難聴・知的障害・自閉症・情緒障害・肢体不自由・病弱の各学級があります。1学級は8人までとなっており、子どもの状態に合った内容や方法での指導を受けることができます。

発達支援学級一覧

特別支援学校には、視覚・聴覚・知的・肢体不自由・病弱の各学校があります。1学級は6人までとなっており、幼稚園・小学校・中学校・高等学校に準ずる教育を受けると共に、社会自立で必要な能力を養う指導を受けることができます。また、病気や障がいのために学校へ通うことができない子どものために、特別支援学校の教員が家庭や病院を訪問して指導を受ける訪問教育の制度もあります。

特別支援学校一覧