院内学級

慢性疾患や身体虚弱などで長期入院が必要になり、学校へ通えなくなると学習の遅れが出てきてしまいます。浜松医科大学医学部附属病院では、そうした子どものために病院内で教育が受けられるよう、院内学級を設けています。浜松医科大学医学部附属病院に入院し、主治医が入級を許可した子どもが入ることができ、退院後に通常の学校生活へ戻りやすくするため、子どもの病状に応じてカリキュラムが組まれ、学習の遅れを補います。