産後のケア(浜松での妊娠・出産環境と産後ケア)

産後の母親は、ホルモンバランスの変化や慣れない育児によってストレスを感じやすく、産後うつなどになる可能性があります。
また、核家族化などにより、近親者による育児支援が受けられない家庭も増え、乳児がいる家庭が孤立する恐れもあります。

浜松市では“こんにちは赤ちゃん(新生児訪問)事業”として、生後4か月までの子どものいる家庭に保健師や助産師が訪問し、育児の相談に乗っています。
訪問は、母子健康手帳に添付されている「出生連絡票(はがき)」を提出するか、インターネットで届出をすることで受けることが可能です。
子どもが小さく、外出するのも大変なこの時期、育児に対する不安や悩みを相談することで、子育て支援情報を得られることはもちろん、養育者の心のケアにもつながります。

また、浜松市内の各助産所では助産師が相談に乗ったり、さまざまなケアを行ったりしています。
利用者が助産所へ出向くだけでなく、自宅へ助産師が出張してくれる助産所もあります。


【外部リンク】
浜松市助産師会
医療ネットしずおか助産所検索