魅力あふれる浜松の農業

身近に農業があるまち

浜松市は、温暖な気候と肥えた土壌に恵まれ、2006年の農業産出額では全国4位を記録するほどの農業都市へと発展しました。
また、全国2位の面積を誇る浜松市ですが、各地域の土壌や気候に合った多種多様な農作物が栽培されており、「セルリー」や「白たまねぎ」などといった日本一の生産量を誇る農産物や、「三ヶ日みかん」や「三方原ばれいしょ」などといった浜松ならではのブランド農産物が多くあります。

しかしながら、農業従事者の高齢化は深刻で、青年の新規就農者の確保が課題となっています。
そのため、農業に興味がある人や収納したいと考えている人に対してセミナーや農業体験などを開催したり、就農者に対する支援などが行われています。

また、近年では農業を通じて自然と触れ合うことなどを目的とした、余暇活動としての農業にも注目が集まっています。
浜松市では、就農とまではいかなくても、農業に対して興味や関心がある人のために、農業サポーターや市民農園などといった事業が進められており、農業と触れ合う機会が多く、身近に農業を感じられる環境が整っています。

農業を通じて心豊かに暮らす、そんな暮らしが浜松ではできます。